cardloan64
日本には在日韓国人、在日朝鮮人、在日アメリカ人など在日外国人の方も多く住んでいます。
在日外国人の中には低収入なためカードローンやキャッシングを利用したいと考えている方も少なくありません。
在日外国人でもカードローンでお金を借りる事は可能なのでしょうか?

在日外国人でもカードローンは使えるの?

結論から言いますと在日外国人でもカードローンやキャッシングの利用は可能です。
ですが、そのためには一定の条件をクリアしてなければいけません。

原則10年以上日本に継続して在留している事を条件に認定された一般永住者であること。
戦前から日本に居住する特別永住者であること。
日本人の配偶者を持つ在日外国人であること。

上記いずれかの条件に該当すればカードローンを利用することが可能です。
銀行でも消費者金融でも特に問題ありませんが、中には在日外国人の申込不可のところもありますのでよく確認してから申し込みしましょう。

在日外国人の審査は厳しくなるって本当?

在日外国人でも一定の條件を満たしていれば融資を受けることが可能です。
しかし、それでも日本人に比べて審査ハードルは高めになると言えます。
その理由は、完済せずに母国に帰ってしまう可能性が少なからずあるからです。
いくらなんでも世界中を飛び回って債権を回収するわけにもいきませんので、逃げられてしまうとどうにもすることが出来ません。
日本人ならこのような恐れがありませんが、在日外国人の場合はこのように高いリスクがあるため、審査に通るのが難しくなります。

また言葉の壁も審査では問題の1つといえます。
在日外国人の中には日本語を喋る事は出来ても、字を読んだり書いたりすることが出来ないという方は多いです。
そうなると契約書類の内容を理解できなかったり、申込書類や提出する書類に不備が出る可能性もあります。
日本人でも書類に不備があると融資は受けられませんので、字の読み書きができることも審査を通過するには必要な条件と言えるでしょう。

在日だと銀行と消費者金融はどっちが良い?

カードローンを利用するには銀行と消費者金融どっちが良いのか迷うところかもしれません。

銀行カードローンは金利が安いので返済時の利息負担が少なくて済むというメリットが有ります。
但し、その分審査が厳しく融資までに時間がかかるというデメリットがあります。
一方、消費者金融は対応が非常にスピーディーで申し込んだその日お金を借りる事が出来ると言うメリットが有ります。
また審査基準も銀行よりも緩いので、審査に通る可能性が高いです。
但し金利が高いので返済時の利息負担が大きくなるというデメリットが有ります。

お金を借りるという目的を達成するのであれば、消費者金融を利用するのがオススメです。
比較的審査に通りやすい上に即日で借入可能と利便性が高いです。
金利は確かに高いですが、借入限度額が少額であれば金利差は正直大したことはありません。
それにカードローンは基本的に初回の限度額が少なめと決まっていますので、高額な借り入れをしないかぎりは金利はそこまで気にしなくても良いかと思います。

申し込みはインターネット・電話・郵送・FAXから可能です。
一番手っ取り早いのはインターネットからの申し込みとなります。
大手消費者金融なら来店不要で契約することも出来るので、忙しくて外出している暇が無い方でも手続きできますので便利です。
土日祝日でも自動契約機を使えば問題無く手続きすることが可能です。
その場でカード発行されますので郵送で待たずにお金を借りる事が出来ます。