cardloan61
アルバイトやフリーターでもカードローンでキャッシングが可能です。
ローンは正社員じゃないと組めないと思っている方も多いですが、カードローンは安定収入があれば非正規雇用の方でも問題無く利用することが出来ます。
今回はアルバイト・フリーターがカードローンでキャッシングする方法について解説していきます。

アルバイトはどの金融機関に申込のが良い?

アルバイトやフリーターがカードローンの審査に通過するには審査で有利になる条件を抑えておくことが大切です。
審査は収入や雇用形態だけで融資判断を下すわけではなく、あらゆるチェック項目が用意されておりそれらを総合的に判断した上で融資判断を下しています。

消費者金融なら正社員ではない方でもキャッシング可能な業者が沢山あります。
むしろアルバイトやフリーターはお断りという業者の方が少ないくらいです。
特に大手消費者金融など有名な業者は殆ど申し込み可能ですから、大手を中心に選ぶと良いかもしれません。

信販系は消費者金融よりも審査が厳しくなりますが、百貨店やスーパー、専門店などが発行する流通系なら比較的柔軟に対応してくれます。
これらのカードローンも借りれる可能性は十分にあります。

最期に銀行カードローンですが、審査は上記2つよりも厳しくなりますので非正規雇用ですとかなり難しいです。
低金利は非常に魅力的ですが、無理に申込みして審査落ちすれば信用情報にその記録が残り次回の審査で不利になりますので、申し込みは避けたほうが良さそうです。

アルバイト・フリーターが審査通過するには?

審査に通過するためには何と言っても安定的な収入があることが大前提となります。
収入は金額が大きいほど良いですが、非正規雇用ですと貰える金額にはどうしても限界があります。
収入では金額そのものよりも安定的であるかどうかが重要です。
例えば年収が150万円で一定の人と、去年は500万円だったけど今年は100万円だったという人では前者のほうが有利になります。

以前は健康保険の種類で審査が有利になることもあると言われていましたが今は特に重要視されていません。
共済保険や組合保険、社会保険は評価が高く、国民健康保険は最も評価が低いとされていました。
しかし今はこのように保険の種類で優劣を決めることは殆ど無いようですのであまり気にしなくてよいでしょう。

健全なクレジットヒストリーがあることも非常に重要です。
今まで金融機関からお金を借りて返済してきた履歴のことをクレジットヒストリーと言います。
これにはカードローンだけでなくクレジットカードも含まれます。
スマホを割賦払いで購入している方も多いかと思いますがこの利用履歴も勿論対象となります。
今まで全く借り入れ経験がない人よりも過去にローンやクレジットの利用経験がある人のほうが評価は高くなります。
ただ返済を滞納していたなど金融事故があると逆に評価は下りますので、あくまでも健全なクレジットヒストリーがあることが重要となります。

アルバイトは在籍確認をクリアしないと借りれない

カードローンでキャッシングするには審査中に行なわれる在籍確認を必ずクリアしなければいけません。
バイト先に電話を行ない、申し込み者が在籍しているのかを確認します。
電話されるとバイト先の人たちに借金バレするのではないかと心配になる方もいますが、基本的にバレルことはありません。
消費者金融は会社名を名乗りませんので、よほど感の良い方でないかぎりはばれないと思ってよいです。
ただ自分宛てに電話がかかってくることがない仕事場ですと気まずい雰囲気にはなるかもしれません。
そのような場合は「クレジットカードを作りたくて」等と誤魔化せばよいでしょう。