キャッシング1

キャッシングは他の融資商品に比べ、申し込みから融資実行までが非常に早いのが特徴です。

どうしても今日中に即日でお金が必要になったという時でも、即日キャッシング対応の金融機関や貸金業者に申しこめば、その日にお金を借りることだって出来ます。

最近は特に、即日キャッシング可能なカードローンが多くなりました。

その為、商品掲載欄には当たり前のように「即時OK」と表記されていることも決して珍しくありません。

「即日キャッシングOKって書いてある。よく分からないけどココに申込んでみよう」

このように何も考えなしにキャッシング業者を選ぶ方は意外と多いようです。

急にお金が必要になったということで切羽詰っているのかもしれませんが、そのような時こそ冷静に判断することが大切です。

即日キャッシング可能と書かれているからといって、必ずその日に即日借入が出来るわけではありません。

即日キャッシングを達成するためにもそれなりの条件というものが存在します。

キャッシング業者によって条件は異なりますので、人によってはその条件を満たせない場合もあります。

金利や融資金額を比較するのも大切ですが、即日でお金を借りたいのであれば、それをクリアするための条件も必ず確認しましょう。

ここでは即日中にお金を借りたいという方のために、即日キャッシングOKなカードローン業者の選び方と方法について解説します。

焦って申し込みせず、まずは当サイトを参考にしていただければと思います。

 

即日借りるには「銀行振込」と「ローンカード」どっちがいい?

Dollar Bills
Dollar Bills

カードローンやキャッシングの融資方法は大きく分けて2つあります。

銀行振込と、ローンカードを使ってATMで借り入れする方法です。

キャッシング業者によっては、銀行振込のみ、もしくはローンカードのみ対応というところもありますので、自分がどちらの融資方法を希望しているのか確認しましょう。

振込融資希望の場合は、まず確実に即日中に振り込みが可能かどうかを確認することです。

銀行振込が即日中に反映されるのは15時までに行われた手続のみです。

それ以降の振込は翌日以降の扱いとなります。

その為、即日振込みの締切時間を早く設定しているキャッシング業者が多いです。

但し何時までに申し込みすれば可能かを、明記していないキャッシング会社も中にはあります。

急いで手続きしても結局融資は次の日になってしまっては大変です。

どうしても今日中に融資をしてもらいたい場合は、即日振込みの締切時間がきちんと明記されているところを選ぶようにしましょう。

また、金融機関によっては指定の銀行口座でないと即日振込み出来ないところもあります。

これは特に銀行系カードローンに多く、申込みする銀行の口座のみ即日対応としているところがあります。

意外と見落としがちな部分ですので、どの銀行口座に対応しているのかもチェックするようにしましょう。

 

銀行振り込みは土日に即日キャッシングはできない!?

キャッシング5

銀行振込で気を付けたいのが「営業日」です。

銀行は基本平日しか営業していませんので、土日祝日に振込手続きが行われても反映されるのは休み明けとなります。

週末にお金を借りたいという場合は、基本的に振込融資は避けたほうが無難です。

ネットバンクであれば土日も関係なく反映されますが、これも申込先の金融機関が提携している場合のみ可能な話です。

ですから、土日に融資を希望される場合はローンカードでのキャッシングを選択しましょう。

 

自動契約機なら休日や遅い時間もキャッシングOK!

キャッシング14

また、銀行の営業時間が15時までという時間的制限がありますので、平日は仕事という方にも条件的に厳しい物があります。

無理に申込んで間に合わなかったでは大変ですから、そのような場合もローンカードでの借入れをオススメします。

「ローンカードだと郵送で受け取る必要があるから間に合わないのでは?」と思う方は多いでしょう。

しかし安心してください。

大手消費者金融などのカードローンでは、自動契約機と呼ばれる無人の契約機が用意されており、そこで契約手続きもカード発行も可能となっているのです。

全国各地に設置されていますので、恐らく一度は目にしたことがあると思います。

自動契約機の場合、銀行振込とは違って契約手続きが15時を過ぎてその日に即日でキャッシングが可能です。

その日にカード発行までたどり着けば良く、後はコンビニATMなどでほぼ24時間いつでも借り入れが可能だからです。

自動契約機を使う場合、まずはインターネットで申込手続きを行ないます。

申し込みも自動契約機でする事は可能ですが、すぐに審査結果が出るわけではありませんので、その場で待機していなければいけません。

審査に1時間以上かかる場合も多く、なれない場所に長時間待たされるのは苦痛かと思います。

 

ネット申し込みからの自動契約機が一番早い!?

キャッシング6

また、万が一審査落ちしてしまった際は無駄足となりますから、効率良く手続を済ませたいのであればインターネットからの申し込みをオススメします。

自動契約機で即日キャッシングを希望する場合も、申し込み時間に注意が必要です。

何時までに申し込みすれば即日融資が可能かはキャッシング業者ごとに異なりますので、締切時間を必ず確認してくださいね。

平日は遅くまで対応している事が多いですが、週末は早めに締め切っているところもありますので、特に土日に申込みする場合は要注意です。

無事審査に通過しましたら必要書類を持参して自動契約機へ行きます。

必要な書類は担当の方が教えてくれますので、必ず忘れないように持って行きましょう。

 

即日キャッシングをするための必要書類は何?

キャッシング8

大体は本人確認書類と収入証明書の2点でOKですが、申込者によっては別途書類が必要になる場合もあります。

自動契約機ではオペーレーターの方が必要な手続きについて案内してくれますので、スムーズに進行させることが出来ます。

操作も難しいことはありませんから、始めての方でも簡単です。

カードローンの契約締結しましたら、後はローンカードを受け取れば完了です。

カードは数分後にその場で発行となり、受け取ったらいますぐにお金を借りる事が出来ます。

以上がカードローンで即日にキャッシングする方法です。

金融業者ごとに即日キャッシングの条件は異なりますので、申し込み前に必ず確認してくださいね。

 

キャッシングとカードローン!何が違うの?

キャッシング7

では、キャッシングとカードローンの違いはどのようなものがあるのでしょうか?

お金を借りる1つの手段として利用されるキャッシングですが、実はカードローンと呼ばれる場合もあります。

また、金融業者によってはカードローンのことをキャッシングと言ったり、フリーローンの意味でキャッシングと言ったりと様々です。

その為、消費者にとっては何がなんだか分からなく混乱してしまいます。

キャッシングとカードローンの違いとは一体何なのでしょうか?

キャッシングはカードローンの意味で使われたりフリーローンの意味で使われたりしますが、ここでは違いをわかりやすくするため「キャッシング=フリーローン」で解説していきます。

カードローンとキャッシングは「お金を借りる」ということで言えば同じです。

どちらも返済時には元金に利息を付けて返済をします。

また原則として担保と連帯保証人無しという点も同じです。

その為、利用者の信用力で融資可能かどうかが決まります。

2つのローンの大きな違いは、その性質にあります。

 

カードローンは限度額までは繰り返しキャッシングOK!

キャッシング11

カードローンは当座貸越とも言われており、予め設定された利用限度額の範囲内で繰り返し借り入れすることが出来ます。

通常ローンを組んだ時、決められた金額を一度に全部借りることになります。

追加で借りることは出来ず、その場合は再度新規申し込みをしなければいけません。

しかしカードローンの場合は、新規申し込みをする必要はなく、追加でお金を借りる事が出来ます。

例えば審査によって利用限度額が100万円に設定されたとします。

消費者はこの枠内であれば何度でも借入が自由にできるのです。

たとえば、今月は30万円ほど借りれば残りの利用限度額は70万円、次借り入れする場合はこの70万円の範囲内で自由に引き出すことが出来るのです。

しかも借りた30万円を返済すれば利用限度額は元の100万円に戻り、再度この額内で自由に引き出すことが出来ます。

究極的な話、借入と返済を繰り返していれば延々に利用することが出来るということになります。

キャッシング13

カードローンで借りたお金の使いみちは基本的に自由です。

事業に関する資金でなければ生活費であろうと交遊費であろうと、治療費だろうと様々なことに使って構いません。

限度額内で繰り返し借り入れが可能で資金の使いみちも自由とかなり使い勝手が良いのがカードローンの特徴です。

また、融資の速さもカードローンを語る上で欠かせません。

特に大手消費者金融は「最短即日融資」と、申し込んだその日に即日でお金を借りることも可能です。

急にお金が必要なったとしても、その日のうちに審査に通り契約が完了すれば融資を受けることができてしまうのです。

 

カードローンは金利が高め!?

キャッシング10

何かと利便性の高いカードローンにも欠点もあります。

それは金利が高めであることです。

住宅ローンやマイカーローン教育ローンは1桁台の金利で借り入れが出来ますが、カードローンの場合はおおよそ18%前後となります。

もちろん融資金額が大きくなればそれに伴い金利も下りますが、低金利で借りるとなると審査の厳しい銀行を利用するか、長期間利用して実績を積むしか手立てがありません。

初回契約は大体18%前後の金利設定となりますので、長期的な利用には向かないのがカードローンの欠点と言えるでしょう。

 

キャッシングは一括で大口の融資が可能!

キャッシング12

これに対しキャッシングはどうでしょうか?

キャッシングもカードローン同様に使いみち自由が基本です。

様々な目的に使うことが出来る点では同じですが、借入の時点でカードローンと大きく異なります。

カードローンの場合、融資枠を作っておき、借入するタイミングは自由です。

融資枠があっても借入さえしなければ返済の義務は発生しません。

しかしキャッシングの場合は、契約後すぐに希望した金額が振り込まれます。

ですから直ぐにお金を使わない場合でも返済の義務は発生します。

そしてカードローンのように借り入れすることは出来ず、借入は初回のみで後はひたすら返済するという形になります。

追加で借り入れする場合は改めて新規で申し込みをしなければいけず、当然審査を通過しなければいけません。

使いみち自由という点以外ではカードローンに比べ利便性が低く、使うメリットがあまり感じられないかもしれません。

 

キャッシングなら借金地獄に落ちにくい!?

キャッシング4

しかしキャッシングはデメリットだけではなくメリットもあります。

まず借入後は返済のみとなりますので、毎月きちんと返済をしていけば確実に完済させることが出来ます。

カードローンは融資枠が残っていれば借入が可能です。

これはメリットでありデメリットでもあるのです。

いつでも借り入れができる状態ですから、特に必要なくてもついつい借りてしまう借癖が付きやすいです。

返済途中で借入れをしてしまえば、当然完済が先延ばしとなりますから中々返済が終わらないと言う自体に陥ってしまいます。

これに対しキャッシングはひたすら返済していきますので、確実に元金を減らし計画的に完済が可能となります。

余計な借入れが出来ませんから借り癖もつきません。

そしてもう一つキャッシングのメリットは金利の低さにあります。

無担保のキャッシングであってもカードローンより遥かに金利が安く、10%前後で設定しているところが多いです。

資金の使いみちがハッキリとしている方はカードローンよりもキャッシングのほうが適しているでしょう。

キャッシングは主に中小サラ金や銀行が取り扱っています。

中小サラ金のほうが審査はやや緩めですが、銀行のほうが低金利で借りる事が出来ます。